■「幸福(しあわせ)」アニエス・ヴァルダ

幸福 [DVD]

 フランソワは妻テレーズ,ジズー,ピエロら二人の子供と平凡で実直な生活を送っている.そんな彼にとって新しい事件が起ったのは,近くの町まで仕事で出かけ,電話をかけるために立ち寄ったときたった.受付の娘と二言三言言葉を交したが,彼はなぜか彼女に好意を感じた.二度目にあったとき,二人でお茶をのんだ.娘はエミリーといい,彼と同じ町に転勤が決り,部屋も見つけたことを話した.もう二人は愛を感じるようになっていた….

 に「愛人と両方とも愛しているから別れたくない」と告げる男の身勝手さに比して,軽妙洒脱な奏曲はヴォルフガング・アマデウスモーツァルトWolfgang Amadeus Mozart)《クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581》.大輪のひまわりに人影の頼りなさをとらえる撮影は,掴みどころのない「罪のなさ」が幸福の実体とでもいいたいのか.

 妻と愛人をリンゴの樹に喩えて,その花のいずれも美しいことを浮気の正当理由に挙げる夫フランソワに,妻テレーズは「貴方が幸福ならそれでよい」と寛容の姿勢を取ったかに見えた.その態度に安心しきった男の大胆さ,無配慮な放埓に,女は絶対的な抵抗を無言のうちに示した.その帰結として,浮気相手エミリーとの新生活が開始されたことをこの作品は示唆する.真正直に不義の容認を求めたフランソワに悪意はなく,そのエゴイズムとの正面衝突を避けたテレーズの哀れさ.

 なんら制裁も科されない夫の「その後」から,幸福とはある種の「いかがわしさ」を孕んで成り立つもの,とアニエス・ヴァルダ(Agnès Varda)は主張していると読める.「ヌーベルヴァーグの祖母」は,独善的欺瞞を男女の違いによって説明しようとし,男女の価値観は,突き詰めれば死生観の相違にまで行き着くと述べているのだろうか.そうではない.これは男女が主客転倒しても成り立つ不快な寓話である.

幸福 [DVD]

幸福 [DVD]

  • ジャン=クロード・ドルオー
Amazon

++++++++++++++++++++++++++++++

原題: LE BONHEUR

監督: アニエス・ヴァルダ

80分/フランス/1964年

© 1964 Parc Film