▼『いま、よみがえる米騒動』田村昌夫 ほか

 太平洋側で労働争議が頻発した時期に,日本海側では米騒動が多発.大正デモクラシーの先駆をなした騒動の実相を,70周年のいま,証言・特高資料・歴史的分析で明確化――.

 代日本における未曾有の大規模な大衆闘争「米騒動」の研究文献は,井上清渡辺徹共編『米騒動の研究』全5巻(有斐閣,1959-1960)である.1918年夏の米価は戦前の4倍に暴騰,片山潜が〈あきらかに日本における民衆運動の全般的覚醒の最初の力強い端緒であって,現代革命運動の火蓋をきったもの〉と評価した米騒動について,富山県ほか一府四県,騒動の構造・取締りと鎮圧・1918年以前の米騒動史・統計資料を掲げる大部の重要文献である.

 本書は,富山湾に面するかつての滑川署にあった記録「所謂『越中米騒動』ニ関スル記録富山県特高課」(1930年富山県庁火災で全焼した資料)の概要版が新興出版社に提供され,それを紹介した点に最大の意義がある.1911年に警視庁にのみ設置されていた特高課は,1928年まで富山県には置かれていなかった.それでも,当資料の概要版『米問題ニ関スル参考書』なるものが地元に保存されており,それに気づいた地方警視がガリ版刷りを保管していたのである.特高資料は富山日報,北陸タイムス,高岡新報などの報道を批判し,巡査2名の手記が付されている.

 地方の厄介ごとに業を煮やした官憲の保身が目につく記述で,「越中強盗,加賀乞食」と称された富山県民を軽視すること甚だしい.滑川の初期騒動の報を受けた農商務大臣も「地方の小事件取るに足らず」の姿勢だったが,警視庁監察官の正力松太郎富山県出身)は事態を重く見た.この騒動は神戸,大阪,東京にまで波及する可能性があり,その対策を手配すべきと警視庁幹部に伝えている.しかし,新米の監察官の意見に誰も耳を貸すことなく,翌日には岡山,広島,神戸,さらに名古屋,大阪,京都,静岡,東京と全国的に暴動が拡大していったのである.

 寺内内閣は騒動鎮圧のために軍隊を出動させ,全国の死者20数人,重傷者1,000人,起訴7,700人,死刑2人.政府は報道機関に対し米騒動に関する記事の掲載禁止命令を出した.平井平八郎ら中産階級出身の社会主義者らは検束者釈放の交渉に動いたのは1回だけであったのは意外.幸徳事件後の大弾圧で社会主義思想が一時,改良主義に傾いていた可能性も指摘されている.大正デモクラシー運動の起点をなした大衆闘争の記録,とりわけ官憲と報道機関の対立が明確化される中での社会主義者の態度は,見逃されてはならない点だった.

++++++++++++++++++++++++++++++

原題: いま、よみがえる米騒動特高資料発見

著者: 田村昌夫 ほか

全国書誌番号: 88054949

© 1988 新興出版社

▼『社会契約論』重田園江

社会契約論 (ちくま新書 1039)

 私たちが暮らすこの社会は,そもそもどんなふうに生まれたのか.社会の形成・維持に不可欠なルールが,現にこうして守られているのはなぜか.政治秩序の正しさは,誰がどう判断すべきなのか.社会契約論とは,そんな素朴な問いを根源まで掘り下げて考える試みである.本書では,ホッブズ,ヒューム,ルソー,ロールズの議論を精密かつ大胆に読み解きながら,この近代の中心的思想に新たな息吹をふき込む.今までにない視点から世界の成り立ちが一望できる,清冽な政治思想入門――.

 間の志向性に対する社会的制約は,古代ギリシアソフィストに議論の端緒があった.自然法的合理主義に基づく社会契約説は,個人相互間の,自由意志に基づく契約によって成立する国家論.その歴史的役割は,「政治権力の正統性」を根拠として,各人の生命の安全,また財産など(所有権)が守られることを主張する点にある.本書は,戦後啓蒙思想が社会契約論を「約束の思想」とは読まず,国家と個人の「対立」構図として読んできたことをソフトに批判する.その代わり,献身的な問題提起を厭わない.

人が両方の視点に立てること,そしてふだんはただの人でしかない共同体のメンバーが,政治に参加するときには市民となること,すなわち全体の一部としての「一般的な」視点に立つことが,ルソーの政治社会にとって必須なのである.人は,政治体の参加者あるいは主権者としては一般的な視点に立ち,一般意志に従って行為しなければならない

 個人間の拘束力の問題(ホッブズ),社会契約の批判と「約束の限定」(ヒューム),一般性と特殊性の関係性にかかわる「一般意志」(ルソー),正義の二原理(ロールズ)の闊達な解釈により,約束によって作られる秩序の思想をここでは掘り下げる.社会契約論は,アメリカ革命とフランス革命という18世紀の2つの革命において象徴的役割を果たし,「民族自決国民国家形成の理論的支柱」となったと著者はとらえる.自由・平等な個人を前提にするこの説が,自由主義国家が成熟するにつれ社会的公正性を失っていったのは,一元的国家観に属する説が弱体化していったからだろうか.

社会契約論は一般性の次元,あるいはこの意味での社会的な視点がどのように生まれ,なぜそれが秩序と社会的なルールの正しさについて考える場合に役立つかを示している.私はこの本を書くために,社会契約論について考えはじめたとき,なんて現実味のない,前時代の遺物だろうと思った.革命も新体制も焼け跡も,全くリアリティーのない今の日本で,社会契約論なんて誰も興味を持たなくて当然だと

 「この社会は間違っている.この社会を変えなければならない」という内的な衝動が,政治秩序の正しさや「一般意志」への疑問を著作として実体化させたようだ.社会契約論を本格的に論じた新書が存在せず,もはやアナクロニズムに陥った題材ではないかという危惧に反して,教養欲を刺激する面白さに溢れている.「人造人間」とプリントされたTシャツを着て,見事に屈託のない笑顔を見せる著者近影.これには深いパロディ精神がある.『リヴァイアサン』初版に載った有名な扉絵(王権と教権を手にした国家=巨人の図).このリヴァイアサンを,トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes)は人工人間(artificial man)と規定していたのである.

++++++++++++++++++++++++++++++

原題: 社会契約論―ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズ

著者: 重田園江

ISBN: 9784480067425

© 2013 筑摩書房

▼『聖女の救済』東野圭吾

聖女の救済 (文春文庫)

 資産家の男が自宅で毒殺された.毒物混入方法は不明,男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった.難航する捜査のさなか,草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は,独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…驚愕のトリックで世界を揺るがせた,東野ミステリー屈指の傑作――.

 学の天才による奇抜なトリックを,物理学の奇才が鮮やかに暴いた『容疑者Xの献身』に続く,探偵”ガリレオ”の長編作第2弾.論理的には根拠十分だが,現実的にはあり得ない「虚数解」になぞらえ,犯行手口を突破するシンプルな筋が本書の持ち味.

 IT会社社長の真柴義孝とその妻・綾音の間には子どもが授からず,それを理由に真柴は妻に離婚を切り出した.夫の殺害を決意した綾音は,猛毒である亜ヒ酸を用いて彼を毒殺.しかし,犯行時刻に綾音は,北海道の実家に帰省していた強固なアリバイを作り上げていた.毒物を飲ませる遠隔操作の疑いはない.ガリレオこと物理学准教授・湯川学は,事件の経緯は「虚数解」であると推理する….

 三次方程式の解法に関連して,負の数の平方根を利用したのが虚数の導入であった.実数の範囲では負の数の平方根は求められないため,二次方程式x2=-1は,実数の範囲では解くことができないのである.虚数のことを,安部公房は『他人の顔』で「二乗すると,マイナスになってしまう,おかしな数」と表現した.

 ガリレオが対峙する今回の難敵は,完璧なアリバイと犯行計画を両立させた女性.前長編のサプライズに比較すると,種明かしのインパクトはやや弱い.それは確かだが,驚異的な持続力がなければ遂行できない犯行と,荘厳な雰囲気なタイトルの意味づけは見事.紛れもない快作である.

++++++++++++++++++++++++++++++

原題: 聖女の救済

著者: 東野圭吾

ISBN: 4167110148

© 2012 文藝春秋

▼『笹まくら』丸谷才一

笹まくら (新潮文庫)

 笹まくら…旅寝…かさかさする音が不安な感じ…やりきれない不安な旅.戦争中,徴兵を忌避して日本全国に逃避の旅をつづけた杉浦健次こと浜田庄吉.20年後,大学職員として学内政治の波動のまにまに浮き沈みする彼.過去と現在を自在に往きかう変化に富む筆致を駆使して,徴兵忌避者のスリリングな内面と,現在の日常に投じるその影をみごとに描いて,戦争と戦後の意味を問う秀作――.

 京・青山の町医者の息子として育った浜田庄吾は,旧制の官立高等工業学校の無線工学科を卒業し,無線会社に入った.先の大戦中の5年間,浜田は徴兵忌避のため家出.「杉浦健次」という偽名で北海道から九州,朝鮮半島にまで逃亡した.砂絵師やラジオ修理工として日銭を稼ぐ日々の挙句,20年後は縁故採用で私立大学の庶務課長補佐に落ち着いている.徴兵忌避を公には隠して大学の事務局に勤めているはずの浜田の周辺には,彼の昇進問題をきっかけに「新聞会」による経歴の暴露がなされ,左遷という格好で迫害が加えられる.

 その大学は文学部の全学生に「神道概論」が必須科目になっているような校風,丸谷才一が一時期奉職していた國學院大學がモデルであることは確かだ.国民皆兵主義すなわち国家権力を前に「逃亡」という形で反抗を試みる浜田は,逡巡し思索を重ねる.その1つの結論「国家の目的は戦争だ」.若く美しい妻を娶り,平凡ながら穏やかな生活を送る彼の前途に,学内政治のダイナミズムを方向づけるような暗鬱な影が射し込んでくる.

 戦前の官憲の目に怯えつつ暮らした放浪生活で,「杉浦」の魂を救済した女性・阿喜子との秘めたる記憶.彼女の死を告げる黒枠の葉書が「浜田」のもとに届けられた瞬間から,忌むべき過去との訣別などは蜃気楼であり,その黒枠の葉書は,二つ名を使い分けた男の過去の境界線を融かし接合させた.それは本作の技巧面に決定的に表れる.浜田と杉浦の独白は,突如として立ち上がり,入れ替わり立ち代わりこの男の内面を説明するのであるから.

 ヘンリー・ジェイムズHenry James)やジェイムズ・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce)に倣ったと思われる「意識の流れ」の技法が,おそるべき効果をあげている.表題は『俊成卿女家集』所収の越部禅尼の恋歌「これもまたかりそめ伏しのささ枕 一夜の夢の契りばかりに」より.浜田が杉浦となって国家体制に消極的な反逆を続けた期間は,1940年秋から1945年秋まで.秋笹がかさかさと音を立てる寂寞たる情景に,不吉と不安が広がっている.戦争体験を起点にあてどなく彷徨する個人の内面を,見事に描き出した傑作.

++++++++++++++++++++++++++++++

原題: 笹まくら

著者: 丸谷才一

ISBN: 4101169012

© 2001 新潮社

▼『ウィリアム征服王の生涯』ヒレア・ベロック

ウィリアム征服王の生涯―イギリス王室の原点

 イギリス王室の原点.現イギリス王室の開祖,ノルマンディー公にして,ノルマン朝イングランド初代王,通称ウィリアム征服王の生涯を客観的歴史観によって描いた名著の翻訳.冷酷非情の暴君か,地上に恩恵をもたらした英雄か――.

 ランスのバイユー大聖堂で1730年に発見された綴織(タペストリー)には,1066年のウィリアム1世(William I)によるイギリス征服"ノルマン・コンクェスト"が一連の絵画で生き生きと描かれている.このタペストリーは,ウィリアムの異母兄であるバイユーの司教のために征服後すぐに作られたと思われ,イングランド王位継承権を正当化するノルマン人的史観を物語る文献である.  

 征服王ウィリアムは,1066年のクリスマスに戴冠した後,イングランドの政府機構を無政府状態から強力な北フランスの領土に変え,イングランドとフランスの王冠の間に緊張を生み出した.ケルト,ローマ,アングロ・サクソン,デーン(ノルマン)の民族融合と放逐を繰り返し,グレート・ブリテン形成が始まったのである.さらにヘンリー2世(Henry II)治世下に領土拡大,種々の改革や法制の整備も進み,繁栄の礎が築かれた.ノルマンなまりのフランス語が支配階級の言葉として用いられ,政治,社会,文化の各局面でノルマン朝の卓越性を誇る栄華を築いたのは,残虐ながら勇猛な征服王ウィリアムにほかならない.  

彼は自身の権利については何の疑いも持っていなかった.彼は正当な主張と神の恩寵によってイングランド王となったのである.神は,戦いという試練を与えることでウィリアムの主張を正式に認めたのである.その領土に新しい王朝を創始するのはまさしく彼の権利だった

 言い伝えによると,1071年頃征服王自らが,征服の殺戮を償うため,戦いの跡地に修道院を創設した.ノルマン・コンクェストの契機,ノルマン騎士軍を率いてイングランドに侵入したウィリアムが撃破したのはウェセックス朝最後のイングランド王ハロルド2世(Harold II)である.ノルマン人兵士の矢で眼を射抜かれて斃されたハロルド2世の亡骸――他の無数の遺体とともに野ざらしになっていたが,妻エディスが夫の特徴的な痣を目印に見つけ出した――が発見された場に,ウィリアム征服王は祭壇を建てたという.  

 本書の著者ヒレア・ベロック(Joseph Hilaire Pierre René Belloc)は,1891年にフランス市民としてトゥールの砲兵大隊で兵役を務め,その後オックスフォードのベリオール・カレッジ(歴史学科)を最優秀の成績で卒業.自由党下院議員として活動するが,議会政治に幻滅して1910年からは著述に専念するようになった.著述家として,英仏のカトリック史を書き直す野心を抱いていたが,むしろイギリス史のホイッグ的解釈――イギリスの偉大さはアングロ・サクソンおよびプロテスタント的背景によるものとする考え――に異議を唱え,史的解釈の修正のきっかけを与えた.  

++++++++++++++++++++++++++++++

Title: WILLIAM THE CONQUEOR

Author: Hilaire Belloc

ISBN: 4794705948

© 2008 叢文社